調剤薬局業界・薬局M&AのことならSVA株式会社

 
  SVA株式会社  
  M&AについてM&Aをご検討の方実績一覧調剤薬局業界会社概要お問い合わせ  
   
 

調剤薬局の外部環境・内部環境

【 外部要因 】
  • 少子高齢化の進行
    2025年には1人の高齢者を1.8人で支える構造に・医療機関の機能分化、在宅医療の推進
  • 社会保障と税の一体改革
    消費税増税、診療報酬の見直し、薬価の引き下げ
  • 異業種・周辺業種との協業、異業種からの参入
  • 大手流通の再編
  • ドクターの後継者問題など

【 内部要因 】
  • 薬剤師・医療事務採用難、採用コストの増加環境
  • 薬局、ドラッグストア等の行政指導によるあるべき薬局像の追求
  • 医療費削減と規制改革
    国民ニーズである「健康長寿社会」実現に向けた医療分野の規制改革・薬局、薬剤師の領域拡大
  • 後継者不足による事業承継難

調剤薬局のM&A事情

1.市場占拠率
  • 大手の市場占拠率(シェア)を合わしても10%前後であり、今後集約が進むと考えられる。ランチェスター戦略において存在目標値は、6.8%とされ、これは市場においては存在を認められる指数とされ当面大手調剤チェーンは売上において3千億円~4千億円規模の会社を目指すと考えられます。しかしながらこの数値は競争が激化した場合の撤退数値でもあり、さらに影響目標値と言われる10.9%の市場占拠率、売り上げ規模でいくと7千億円~8千億円程度の企業が出現する可能性が考えられる。
2.出口戦略での競争がない
  • 企業規模を拡大していく過程でコストリーダーシップ戦略を活用する企業が出現するケースが各小売業では多く見受けられますが、調剤薬局の業界では、出口での競争(価格競争)がない為、M&A戦略を活用する企業が多くなると考えられます。
3.立地産業
  • 門前薬局を含め立地産業に近い形態ある為、マーケティング戦略よりもM&A戦略を重要視する傾向が強い。
4.売買価格について
  • 需要と供給のバランス  
     
    現在・需要(買いたい)  > 供給(売りたい)=売却価格は高くなる
    将来・需要(買いたい) <  供給(売りたい)=売却価格は安くなる
     
    ここ数年で転換期がくると思われる。
5.慢性的な人材難
  • 今後異業種からの参入も増加すると考えられ、薬剤師を含む人材の獲競争が激しくなる為、選択と集中が必要となる。

SVA株式会社が解説する「医療用語」の一覧

 
   
 

  M&Aについて  M&Aをご検討の方  実績一覧  調剤薬局業界  会社概要  お問い合わせ

 
 

・SVA株式会社 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘26-1・

Copyright SVA株式会社. All rights reserved.